T.BASE ご購入をお考えの方へ メーカーサイトはこちら T.BASE

HOME > サービスファクトリー > ブレーキフルード交換

トータルメンテナンス

レストア事業

チューニング・ドレスアップ

ブレーキフルード交換

TBサービスメニュー

Maintenance
Engine,transmission,refresh
Custom
Intake,Lowdown etc...
Dress up
Interior,exterior

ブレーキフルード交換

お問い合わせはこちら

ブレーキフルードは、ブレーキペダルを踏み込んだ際に発生した踏力を 油圧としてブレーキキャリパーへ伝えているオイルです。

ブレーキペダルを踏むと、そのピストン運動がブレーキラインに充填されているブレーキフルードの油圧が上がります。
ブレーキラインは密閉されているため、油圧がそのままブレーキキャリパーのピストンに掛かり、そのピストンが押されることによってブレーキパッドをブレーキローターへ押し付けています。

ブレーキフルードは吸湿性が高く、劣化をすると水分を多く含んでしまいます。
そうすると、ブレーキフルード自体の沸点が下がることにより、「ベーパロック現象」を引き起こしやすくなります。
「ベーパロック現象」とは、ブレーキフルードがブレーキパッドからの伝熱により高温になり ブレーキフルードが沸騰してしまうことにより、本来はブレーキフルードで密閉されたブレーキラインに空気が入り ブレーキペダルに発生した踏力を、油圧としてブレーキキャリパーへ十分に伝えることができなくなるため 制動力が著しく低下し、最悪の場合ブレーキが効かなくなってしまうことがございます。

定期交換の時期目安として、通常2年毎 車検と同時に交換をおすすめしております。
また、サーキット走行をされる方は、ブレーキフルードが高温になる機会も多い為、劣化も早く進みます。
そのため、サーキット走行の頻度や走行距離により、適切な交換時期をご提案させていただきます。

ブレーキフルードにも様々な種類があり、それによって沸点や吸湿性にも違いがございます。
T.BASEでは、街乗り重視の方向け・サーキット走行される方向け、それぞれに適切なブレーキフルードをご提案させていただきます。

こんな方におすすめ
「前回交換した時期が分からない」
「もうすぐ車検を迎える」
「サーキット走行をよくする」

工賃
アルファロメオ 4C ¥6,000
アルファロメオ ジュリエッタQV/1.4 ¥4,000
アルファロメオ ミト ¥4,000
アルファロメオ 159/ブレラ/スパイダー 2.2L ¥4,000
アルファロメオ ブレラ/スパイダー V6 ¥4,000
アルファロメオ 156/147/GT 2.0L ¥4,000
アルファロメオ 159/156/147/GT V6 ¥4,000





お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る