T.BASE ご購入をお考えの方へ メーカーサイトはこちら T.BASE

HOME > サービスファクトリー > プラグ交換

トータルメンテナンス

レストア事業

チューニング・ドレスアップ

プラグ交換

TBサービスメニュー

Maintenance
Engine,transmission,refresh
Custom
Intake,Lowdown etc...
Dress up
Interior,exterior

プラグ交換

お問い合わせはこちら

エンジンの燃焼は「良い混合気・良い圧縮・良い点火」の三要素によって成り立っています。その内の1つでも欠ければ良い燃焼とはなりません。
そんな3大要素の1つ、点火装置であるスパークプラグを見直しましょう。

スパークプラグ自体は小さな部品ですが、碍子や導体及び複数の電極など、いくつもの構成部品により成り立っています。

中心電極と接地電極に、点火装置で作られた高電圧が加わることで、電極間に放電され 電気火花を発生させます。この電気火花により、ガソリンと空気が混ざり合った混合気へ点火し 爆発させることでピストンの上下運動の力としています。

よって、電極には何万ボルトという高電圧による火花が発生しています。
エンジンは一分間に何千回転という回数でまわっています。4ストロークエンジンのスパークプラグも 常用回転の3000rpmでは単純計算で、一分間に750回も点火をしていることになります。

高電圧が何度も何度も放電される上、燃焼室内の高温にさらされているわけですから 消耗や酸化などでスパークプラグは劣化していきます。

消耗と劣化が進み、電気火花の威力が弱くなると、エンジン状態に不具合が発生します。
不具合初期の状態では、吹け上がりが悪くなって加速が鈍くなったり、アイドリング回転が不安定になったりします。
最悪の場合、点火が出来なくなるとエンジン始動不可となる場合がございます。

フィアット500ツインエアなどの2気筒エンジンは、スパークプラグ一本の点火回数が多く、特に劣化しやすくなっています。

エンジンの吹け上がりなどに違和感を感じたら、プラグ交換をおすすめします。

こんな方におすすめ
「エンジンの吹け上がりが悪い」
「加速が鈍くなってきた」
「車を購入してから一度もスパークプラグを交換していない」
「アイドリングのエンジン回転が不安定だ」
「前回交換から2万キロ〜3万キロほど走行している」


工賃
アルファロメオ 4C ¥6,000〜
アルファロメオ ジュリエッタQV/1.4 ¥4,000〜
アルファロメオ ミト ¥4,000〜
アルファロメオ 159 2.2L ¥6,000
アルファロメオ ブレラ/スパイダー 2.2L ¥4,000
アルファロメオ 159/ブレラ/スパイダー V6 ¥12,000
アルファロメオ 156/147/GT 2.0L ¥4,000
アルファロメオ 156/147/GT V6 ¥12,000

フィアット500 1.4/1.2/TwinAir ¥4,000
アバルト500/595/695 ¥6,000



お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る